×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

金融業界 事務仕事に必要なスキル

金融業界へのイメージ

金融業界というと、就業するのが難しいというイメージがあるように思います。また、多くのスキルを持っていないと採用され難いのではないかという不安も感じられるような気がします。

 

 

Aさんもその一人でした。Aさんは、金融業界というと、お金を扱う事から堅いイメージがあり、採用条件やスキルに厳しいのではないかと思っていました。その為、学生の頃、金融業界に憧れを持っていましたが、諦めたという事です。金融業界は、私達の生活にとって身近な存在ではありますが、実態が見え難い業界である事も否めません。Aさんの様に、金融業界に憧れはあっても、無理だと諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな表面から見え難い金融業界ですが、近年では、派遣社員や未経験者の採用なども行っている動向があります。実際にはどうなのでしょうか。Aさんと共に見て行きましょう。

 

アドバイザーの転職支援能力、業界一!

一歩を踏み出せない人を支える転職支援

金融業界への就業は、近年において、未経験、他業種からの転職、派遣社員、パートといった条件の採用を行っている動きがあります。それを支えているのが、転職支援会社や人材派遣です。パソナキャリアでは、「パソナ金融センター」を設け、金融業界における情報を提供しています。仕事の紹介は勿論、セミナーを開いたり、定期的に資格取得や実務取得講座を開いたりしています。

Aさんの様に、金融業界の経験がなく、知識のない人へのサポートを行っているのです。これによって、就業が難しいと感じている人への不安を取り除く事が出来るようになっています。

 

また、金融業界と一言で言っても、どんな仕事があるのか、イメージが湧かない事によって、出来る可能性のある仕事も検索出来ないでいるという人もいるのではないでしょうか。そういった事が起きないように、転職支援会社や人材派遣では、金融業界における仕事を紹介しています。

パソナによって紹介されている金融業界の事務職には、金融事務、銀行事務、証券事務、損保事務、生保事務、クレジット事務があります。それぞれ、どんな仕事なのか、必要なスキルはあるのか、見て行きましょう。

仕事内容と必要なスキル

金融事務は、証券、銀行、保険会社などにおいて、外回りや店頭で有価証券、投資信託、変額年金などの金融商品の販売を行ったり、既存の顧客に対してアフターフォローを行ったりする仕事です。金融事務をする為には、証券外務員資格、生命保険募集人資格といったスキルが必要です。

 

銀行事務は、私達が身近に接する銀行窓口における業務などを行ったり、外国為替に関する業務を行ったりする人です。外国為替や投資信託などの知識、証券会社の勤務経験が必要とされる仕事となっています。

 

証券事務は、複数の営業マンをフォローする営業アシスタントとしての業務や、ディーラー・トレーダー・証券アナリストのアシスタント、オンライン取引のコールセンターでの業務があります。証券取引経験や投資信託事務処理経験、それに関する知識を必要とされており、2年から3年のバックオフィス経験や外務員資格を持っている人は、更に幅広い業務に携わる事になります。

 

また、損保事務では、損害保険会社や代理店での保険加入の相談、勧誘、契約に伴う書類の作成、保険証券の発行、保険料の領収、事故や災害時の支払い処理に関する業務を担っています。通信販売によるコールセンター業務も、損保事務の仕事です。損保業務経験と知識スキルが必要です。

 

生保事務では、生命保険会社での生命保険商品販売、契約保全の提案書、見積書、保険証券の作成、入金処理、保険給付金の支払い申請業務などが仕事内容となっています。スキルとしては、生保事務経験や知識を持っている必要があります。

 

そして、クレジット事務においては、カード会社やクレジット会社において、カードやローンの申し込み受付業務、加入の可否を決める為の与信調査、ローンの金利手数料計算、延滞者への支払い対応、カード契約者や加盟店からの問い合わせ対応、各店データ管理を業務内容としています。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


金融業界の事務に必要なスキル

金融業界における事務の仕事に共通しているスキルには、コールセンターにおける電話対応、顧客接客、証券外務員資格、ファイナンシャル・プランナー(FP)資格があります。電話対応や顧客接客においては、Aさんの様に、金融業界に携わった経験がなくても、身に付ける事の出来るスキルです。しかし、証券外務員資格やFP資格については、資格試験に合格する必要があります。

 

証券外務員資格は、金融商品の営業や販売を行う際に必要となる資格です。幅広い有価証券取引を扱う事の出来る証券外務員会員1種・2種と、国債・投資信託という限定された有価証券を扱う事の出来る証券外務員特別会員資格があります。また、FP資格は、ライフプランに合わせた総合的な資産プランニングをし、実行する手助けをする専門家として活動する為の資格となっており、国家資格であるFP技能士と日本FP協会認定資格となるAFP、米国CFP認定委員会と提携している国際ライセンスのCFPの3種類があります。

 

パソナでは、証券外務員資格や3級FP技能士資格などの資格取得支援を行っており、未経験者でも、このサポートプログラムに参加する事が出来るようになっています。金融業界未経験でも安心して就業を目指す事が出来ます。

パソナキャリアで憧れを現実にしよう

金融業界における事務において、スキルが必要になってくる事が分かりましたが、未経験者の為にスキル取得サポートがある事も同時に分かりました。Aさんも、サポートを利用すればスキルを取得出来る事に安心しました。

また、パソナキャリアで実際に金融業界へ就業した経験者の声を聞くと、金融業界での事務は、流れを掴めれば出来る仕事だという見解が多い事からも、未経験で難しいと思っていた世界に飛び込むという不安があったAさんは、背中を押して貰った気がしたそうです。

 

そしてAさんは、株式会社パソナを利用する事に決め、相談に訪れたところ、キャリアアドバイザーによって、自分に合う事務の方向性を紹介して貰い、それに必要なスキル支援を受け、就業する事が出来ました。憧れが現実となったのです。

相談だけでも受ける事が出来ます。難しいのではないかというイメージから敬遠している人も、自分が抱いていた不安を払拭する事が出来るかもしれません。パソナを一度訪ねてみてはどうでしょうか。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


金融業界 事務仕事に必要なスキルエントリー